IKARI イカリ消毒株式会社

検査・分析INSPECTION


混入異物検査のご案内
CONTAMINATION

混入異物検査のご案内

異物クレームはともすれば企業の大幅なイメージダウンに繋がり兼ねない、重要な問題です。イカリは信頼できる技術と的確な提案で、これらの問題解決にお役に立ちたいと考えております。食品や医薬品、またその他包装資材などあらゆる製品の混入異物を同定します。顕微鏡や試薬・分析機材を駆使して生物・樹脂・金属など幅広い検査項目に対応しています。また、新しい検査技術として、DNA 検査や熱履歴検査(DSC 検査)、ガラスの用途分析も可能となりました。

混入異物検査 依頼書のダウンロード

イカリ消毒が選ばれる理由

01.

素早い対応

一般的なものであれば、お受け取りした翌日または翌々日に検査に入り、報告書を作成し発送します。ただし、連休明けなど受付数が多い場合や難しい検査の場合、日数がかかる場合があります。また、お急ぎであればご相談ください。(特急料金は不要です)

素早い対応

02.

幅広い検査範囲と確かな技術力

2018年の異物検査の分類比は左グラフのようになりました。検査できる範囲が広いため、検査できるかどうか悩む必要がありません。まずはご依頼ください。

幅広い検査範囲と確かな技術力

03.

経験豊かな検査員がきめ細やかなサービス

年間35,000件以上の異物検査実績があり、一人の検査員が年間1,200件以上の検査を経験しています。豊富なデータや比較サンプルで充実した検査を実施し、万全の体制で検査ご依頼に対応することができます。破片やパーツの一部だけのことが多い異物検査において、蓄積されたデータの情報や比較サンプルは、異物の同定に必要不可欠です。植物、昆虫、樹脂製品等3000以上のサンプルとデータを保管しております。これらは検査精度にも大きく反映されます。

異物検査の流れ

異物検査の流れ

さらに詳細な検査・サービスの紹介

DNA検査

異物の獣種や植物種をお調べします( 肉や骨、血液、毛、植物などが対象です)。異物検査に特化しているため、大きさ2 〜 3mm 程度の小さな検体や、合挽き肉に混入した骨や軟骨にも対応可能です。

熱履歴検査(DSC検査)

爪や樹脂が加熱されているかをお調べします。
爪は60℃〜、樹脂は70℃〜溶解温度までが検査可能です。
※検査には加熱時間や温度などの情報が必要です。

ガラスの用途分析

詳細な元素分析と、独自のデータベースによりガラスの用途を明らかにします。

分類可能なガラスの種類:
ソーダ石灰ガラス(蛍光灯や電球などの照明器具、食器や瓶類、窓ガラスなどの板ガラス)、石英ガラス、クリスタルガラス、硼珪酸ガラスなど

その他追加サービス

・カタラーゼ試験
・比較試験
・報告書英文化(昆虫のみ)

混入異物検査に関するQ&A

Qカタラーゼテストとは何ですか?
A異物が加熱を受けたか否かを判断する検査です。
但し、生物細胞内に存在する酵素を用いる検査なので、非生物(石やガラス、樹脂や金属など)では検査ができません。
また、腐敗などの影響により検査ができなくなることがありますのでご注意ください。
Q虫の一部やバラバラなものでも検査は可能ですか?
A残っている特徴によりどの程度の分類同定が可能かは異なりますが、害虫として著名なもの、衛生管理上重要な種などであればおおよそ推測することが可能です。
また、この他のものでも、残った特徴から考え得る虫のグループをできる限り推測いたします。
Q異物混入したプラスチック片と製品容器が同じものか否かわかりますか?
A異物と製品容器それぞれの材質をフーリエ変換赤外分析(FT-IR)により調べて比較する他、色調、厚み、質感、形状などについても詳しく比較観察します。
これらの検査で特徴が十分に一致したと判断されれば、同じものと判断致します。

混入異物検査 依頼書のダウンロード