特集

月刊「クリンネス」より

バイオセーフティの基礎知識

シリーズ⑤ 動物実験施設のバイオセーフティ 
/バイオメディカルサイエンス研究会 顧問
齋藤學

最新の「クリンネス」の情報はこちら→

月刊クリンネス

動物実験施設のバイオセーフティには二通りの意味合いがあり、一つは施設に搬入する実験動物に病原菌(動物固有病原体・人獣共通病原体)の汚染が無いことが第一条件です。二つ目は動物実験を行う施設の整備・動物の取り扱いが必要です。
実験動物を用いて実験又は診断を行うに当たって、使用者は動物に不必要な疼痛又は苦痛を与えないよう万全の注意を払う法的な義務があります。飼育室は快適且つ衛生的なものとし、適切な飼料と水を充分与えるよう配慮する必要があります。実験終了時には人道的且つ苦痛のない方法で殺処分します。動物飼育施設又は飼育室は、独立の離れ単独施設でなければなりません。実験施設に隣接する場合は、設計上、一般実験室と隔離された状態を確保し、汚染が生じた場合は、除菌及び殺菌に心がける必要があります。
実験動物施設は、主に病原体の危険度群に従い、危険度Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、又はⅣの指定を受けることが出来ます。しかしながら、その他の要因も考慮する必要があります。病原体については、使用する量、濃度、接種ルート、排出されるかどうか、ある程度のルートで排出されるか等が、これらの要因に含まれます。実験動物については動物の性質、即ち、攻撃性、噛みつく、引っ掻く等の性癖、外部寄生虫、感染し易い動物固有の病原体、アレルゲン伝搬の可能性が挙げられます。今回は危険度Ⅱ、Ⅲについて、特に重要な項目のみを記載します。尚、危険度Ⅳの施設は日本では稼働していないので省略します。

〔危険度Ⅱ〕

一.バイオハザードマークをドア及び他の適切な場所に掲示しなくてはならない。
二.換気設備が設けられる場合、気流は室内向きで空気を大気に排泄させて空調を維持する。空気を再還流させて建物の如何なる箇所に送ってはならない。即ち「総排気」式とする。
三.当事者以外は立ち入り禁止としなくてはならない。
四.安全キャビネット(危険度Ⅰまたは危険度Ⅱ)を用意しなくてはならない。
五.施設内もしくは近くに高圧蒸気滅菌器を用意しなくてはならない。
六.処分前に全ての廃棄物及び床敷は消毒しなければならない。
七.動物の死体は焼却しなければならない。
八.手洗い施設を用意し、使用者は飼育室退出前に手を洗わなくてはならない。
九.保護衣、手袋は施設内で着用し、退出時に廃棄しなくてはならない。

〔危険度Ⅲ〕

一.危険度Ⅱの適用を受ける実験動物施設に対する全ての要件を満たしている動物実験施設である。
二.施設を他の実験室及び動物飼育室とエアロック式の2つのドアを有する控え室より隔離しなくてはならない。
三.控え室には手洗い及びシャワー施設を用意しなくてはならない。
四.全室に絶え間なく空気が流れるように機械的換気設備がなければならない。排気は大気に排出される前にHEPAフィルターを通さなくてはならない(総排気式)。換気系は動物飼育室から他の区域へ不測の逆流及び陽圧を予防するように設計されなくてはならない。
五.危険度Ⅲの病原体を接種した動物は、HEPAフィルター換気装置の付いた飼育ラックで隔離し飼育しなくてはならない。
六.施設内では上下一体型保護衣を着用する。施設退出時に廃棄し、処分前に高圧蒸気滅菌処理しなくてはならない。
七.必要であれば、職員の予防接種を考慮すべきである。