事業紹介

生物制御

  • 工場施設などの防御力強化

    工場施設などの防御力強化

    立地環境なども考慮し、施設内外で徹底した調査を行い、有害生物が侵入・定着する要素(原因)を解明します。その問題点を解消するための具体的な対策を施します。

    • 改修、修理工事によるバリア機能の強化
    • 誘引源となる光・臭気・熱のコントロール
    • 環境の整備と清掃による発生源のコントロール
    • 効果的なサニタリーデザインへの変更
  • 防御力の維持

    防御力の維持

    防御力を維持するためには、定期的なメンテナンスと管理状況の確認が欠かせません。管理状況を総合的に監視するための適切な手順や、合理的な基準作りのサポートを行います。

    • 監視計画の立案
    • ルール作りと作成のアドバイス
    • 報告会の実施
    • 定期訪問
    • 設備、機器のメンテナンス
  • 有害生物の侵入、生息状況の監視(モニタリング)

    有害生物の侵入、生息状況の監視(モニタリング)

    適切な方法でモニタリングを実施し、データの収集とその分析を行います。モニタリングの効果として、原因究明調査や異常事態への速やかな対処、また管理状況や改善活動の効果確認が期待出来ます。

    • 定期訪問
    • 対策機器(捕獲装置、トラップ)の設置
    • 分析と評価
    • 効果確認
  • 防 除

    防 除

    化学薬品を使用する方法と使用しない方法(物理的捕獲や生息要因の排除)があります。可能な限り薬剤は使用せず、使用する場合もその使用範囲を制限し、厳重な管理体制のもとで使用します。

    • 発生源の除去
    • 集中清掃
    • 対策機器の設置
    • 薬剤処理
    • 効果判定