IKARI イカリ消毒株式会社

CSR活動CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

サステナブル調達方針

サステナブル調達方針

 イカリ消毒は、「美しい街づくり、それが私たちの願いです。」をスローガンに掲げ、1959年の創業開始から今日に至るまで、環境事業を通じてお客様へ衛生管理のサービスを提供してまいりました。そして、その想いは、現在に至るまで徹底して引き継がれており、持続可能な開発目標(SDGs)と足並みをそろえて、持続可能な社会の実現に貢献していくものです。
 この度「サステナブル調達方針」を策定いたしましたのでお知らせします。

サステナブル調達方針

イカリ消毒が、お客様やパートナー様をはじめとするステークホルダーの皆様から信頼され、選ばれる企業であるため、SDGs(持続可能な開発目標)やサステナビリティ(持続可能性)を重視し、調達活動においても企業の社会的責任を果たします。

◆品質・安全
  • 品質・技術・価格・納期、環境対応などを重点に、適正な基準でかつ客観的な立場でお取引先様を選定します。
  • 有効性がある商品・資材の調達を推進します。
◆安定調達
  • 高品質の製品をタイムリーかつ安定的に提供するよう努めます。
  • お取引先様と共に緊急事態の備えにも取り組みます。
  • 地震などの災害に備えたBCP(事業継続計画)を進めます。
◆コンプライアンス推進、機密保持
  • 調達活動においては関係各国の法令や国際法、社会的規範を遵守します。また、社会からの要請にも取り組みます。
  • 調達活動を通して得られた情報については適切に管理し、機密の保持を行います。
◆公正な調達
  • お取引先様と公平かつ対等な立場でお取引を行います。独占禁止法や下請法等を遵守し、優越的な地位を濫用した不公正なお取引を強いるような行為は決して行いません。
◆環境への配慮
  • 限りある資源やエネルギーを有効利用し、また自然環境への影響を最小限にとどめるため、省資源・省エネルギーに配慮した環境負荷の少ない資材の調達を推進します。
  • 有害な化学物質の利用の禁止・削減や排出の抑制を進めるため、商品・資材に含まれる化学物質の把握に努めます。
  • 紛争鉱物を含まない資材の調達を推進します。
  • 日本政府の「脱炭素」政策に賛同し、社内で使用する電力を、できるだけ再生可能エネルギーに変えていきます。
◆お取引先様の信頼関係に基づく相互反映
  • お取引先様との信頼関係・協力関係を大切にし、お互いが繁栄できる関係(WIN-WIN)を目指します。
  • 高品質で安全な商品を提供するために、お取引先様と共に継続的な技術力向上を推進していきます。
◆適正価格
  • お取引先様との強いパートナーシップに基づき、新製品開発やコスト低減活動に取り組みます。
  • また、これら活動によってご提供いただく製品・サービスを適切に評価し、適正な価格での取引を推進していきます。

イカリ消毒では、お取引先様とよりよい関係性を築き、ともに社会的責任を果たしていくために、調達方針に基づきお取引先様へのアンケート、および実地監査を行います。
以上

さくらふるさと街づくり運動

公益財団法人日本さくらの会とともに、日本全国各地へ桜の苗木を贈る
「さくらふるさと街づくり運動」を長年にわたり推進しています。

渡良瀬運動公園の桜並木 渡良瀬運動公園の桜並木(栃木県) 1970年イカリ消毒が初めて桜を植樹した
はじまりの土地です。

イカリにおける桜の植樹運動は1964年(昭和39年)東京オリンピックの年まで遡ります。日本の国花である桜を介して暖かい心の絆が生まれることを願い、国内だけでなく、遠くキリマンジャロの麓、中国・タイなどのアジア諸国へも贈られました。
桜の植樹運動には、公害に弱いとされる桜をバロメーターにして、健康で明るい生活環境づくりへの願いが込められています。

環境文化創造

環境文化創造研究所

イカリ消毒は「すべての人が心豊かに健康で長生きできる環境」の実現を目指しています。
そのためには、環境新時代に相応しい新しい生き方を提案すること、そして環境に関する知恵や知識の向上を図ることが重要であると認識しています。また、社会に広く開かれた企業としてその役割を果たすために、環境文化創造研究所を設立し、積極的に活動しています。

地方創生

地方創生

「美しい街づくり、それが私たちの願いです。」という理念の下、一般就労が困難な地域での障がい者雇用の創出に取り組んでいます。イカリ消毒は、2019年1月、長崎県五島市に障がい者就労拠点「しあわせ工房」を開所し、取組みを通して地方創生に貢献しています。