IKARI イカリ消毒株式会社

CSR活動CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY


さくらふるさと街づくり運動

公益財団法人日本さくらの会とともに、日本全国各地へ桜の苗木を贈る
「さくらふるさと街づくり運動」を長年にわたり推進しています。

渡良瀬運動公園の桜並木
渡良瀬運動公園の桜並木(栃木県)
1970年イカリ消毒が初めて桜を植樹したはじまりの土地です。

イカリにおける桜の植樹運動は1964年(昭和39年)東京オリンピックの年まで遡ります。日本の国花である桜を介して暖かい心の絆が生まれることを願い、国内だけでなく、遠くキリマンジャロの麓、中国・タイなどのアジア諸国へも贈られました。
桜の植樹運動には、公害に弱いとされる桜をバロメーターにして、健康で明るい生活環境づくりへの願いが込められています。

環境文化創造

環境文化創造研究所

イカリ消毒は「すべての人が心豊かに健康で長生きできる環境」の実現を目指しています。
そのためには、環境新時代に相応しい新しい生き方を提案すること、そして環境に関する知恵や知識の向上を図ることが重要であると認識しています。また、社会に広く開かれた企業としてその役割を果たすために、環境文化創造研究所を設立し、積極的に活動しています。

地方創生

地方創生

「美しい街づくり、それが私たちの願いです。」という理念の下、一般就労が困難な地域での障がい者雇用の創出に取り組んでいます。イカリ消毒は、2019年1月、長崎県五島市に障がい者就労拠点「しあわせ工房」を開所し、取組みを通して地方創生に貢献しています。