事業紹介

「食の安全・安心確保」は、
イカリ消毒へおまかせください。

東京都食品衛生自主管理認証制度のご案内

食の安全・安心を東京都指定事業者が保障します。

食品衛生自主管理認証制度をご存じですか?

食品衛生自主管理 指定審査事業者

■「食品衛生自主管理」認証マーク

認証を受けた施設では、認証マークのステッカーを掲示できます。

■認証マークは、

・POP表示
・運搬容器
・製品の包装
・配送車 などに使用できます。

東京都が創設した認証制度です。

☆衛生管理を確実に行うことにより、衛生水準の向上を図ることができ、食中毒等の危害を低減することができます。
☆認証を受けた施設は、東京都のホームページで公表され、施設には認証書または認証マークを掲示します。

食品の安全を確保していくためには、食品営業者が自主的な衛生管理に努め、消費者に対して安全性の高い食品を提供していくことが重要で、不可欠なものとなっています。東京都では、食品関係営業者等の自主衛生管理を一層推進し、食品の安全性確保と信頼性向上を図るため「東京都食品衛生自主管理認証制度」が創設されました。

東京都指定の審査事業者が認証します。

「食品衛生自社管理」認証書

■「食品衛生自主管理」認証書

認証を受けた施設では、認証書を掲示できます。
初回は1年間の認証、1回目の更新は3年間の認証、2回目以降の更新は5年間の認証です。

食の安全・安心への取り組みを消費者にアピールできるチャンス!

イカリ消毒は東京都指定の認証事業者です。

平成20年5月19日、イカリ消毒株式会社は東京都より、食品衛生自主管理認証制度の指定事業者として指定されました。

当社では審査を受付しております。

指定審査事業者指定書

イカリ消毒株式会社の実績ある衛生管理のスペシャリストが、
マニュアル・運用を審査いたします。

お気軽にお問い合わせください。

当社は東京都食品衛生自主管理認証制度指定審査事業者の認定を受け、審査を受付しております。

食品関係施設の営業者の方々が、日々取り組んでいる自主的な衛生管理を積極的に評価する、東京都の認証制度です。
イカリ消毒は、東京都の指定審査事業者として、審査業務を行っております。

制度について

東京都は、「食の安全・安心確保」に向けた新たな仕組みの一つとして「東京都食品衛生自主管理認証制度」を平成15年8月に創設しました。
この制度は、食品関係施設で働く方々が日々取り組んでいる自主的な衛生管理について、一定の水準にあるか評価するものです。各施設で行われている衛生管理の方法について、都が指定した審査事業者が審査し、都が定める基準を満たしていると認められる施設を申請により認証し、広く都民の皆さんに認証された施設を公表します。

※平成21年4月1より、都内に流通する食品を製造する都外の一定の製造業(食品衛生法に基づく許可施設)も認証を取得することが可能となりました。

平成25年10月1日より、外食チェーン、給食チェーン等、チェーン展開する事業者を対象に、個々の施設と内部監査等を行う本部を一括して認証する、本部認証の制度が開始されました。

平成25年10月1日より、都認証制度と同等以上とみなされる食品安全規格を取得している施設が、東京都に申請することにより、都認証制度を取得することができる、特別認証の制度が開始されました。

平成26年8月1日より、基礎的衛生管理を実施している施設の取組を評価する、自主的衛生管理段階的推進プログラムが開始されました。

  • 東京都の役割

    • 認証基準の作成
    • 指定審査事業者の指定、監督、命令等
    • 制度の周知
    • 認証施設名の公表など
  • 認定事業者の役割

    • マニュアルを審査(認証申請事業者の作成による)
    • 認証事業所の実地審査
    • 認証決定
    • 認証書交付

    〈役割〉
    食品関係営業者等からの申請を受け、都が定める認証基準に基づき審査し、認証すること。
    〈責務〉
    公平・公正な認証業務を行い、審査の信頼性確保に努めること。

  • 申請者の役割

    • 衛生管理マニュアルの作成
    • 認証書、マークの掲示
    • 継続的な衛生管理の徹底
    • 認証の更新

認証取得の流れ

食品関係営業者等の皆さんが自ら行う食品の衛生管理方法について、東京都が独自に基準を設定し、その基準を満たしている場合、申請により認証いたします。

認証取得の流れ

自主的衛生管理段階的推進プログラムによる達成段階評価の流れ

食品関係営業者等の皆さんが自ら行う食品の衛生管理方法について、東京都が独自に基準を設定し、その基準を満たしている場合、申請により達成段階を確認、評価いたします。

自主的衛生管理段階的推進プログラムによる達成段階評価の流れ

対象業種

  • 〈給食〉

    • 給食施設(届出)
      [ 集団給食施設、条例に基づく届出給食施設 ]
    • 飲食店営業
  • 〈調理〉

    • 飲食店営業
      [ 飲食店営業(一般)、飲食店営業(すし)、飲食店営業(そば)、大量調理施設、食品販売施設に付随するそうざい調理 ]
    • 喫茶店営業
  • 〈製造〉

    • 豆腐製造業
    • そうざい製造業
    • そう菜半製品等製造業
    • 菓子製造業
      [ 洋生菓子製造施設、和生菓子製造施設、パン製造施設、その他の菓子製造施設 ]
    • 飲食店営業 [ 弁当・そうざい製造(配送・卸) 、弁当・そうざい製造施設(店売り) ]
    • 他製造業
      (あん類、アイスクリーム類、乳製品、食肉製品、魚肉ねり製品、清涼飲料水、乳酸菌飲料、氷雪、食用油脂、マーガリン又はショートニング、みそ、しょうゆ、ソース、酒類、納豆、めん類、かん詰又はびん詰食品、添加物、つけ物、製菓材料等、粉末食品、調味料等、液卵、乳処理、食品の冷凍又は冷蔵)
  • 〈加工〉

    • 食肉処理業
    • 魚介類加工業
  • 〈販売〉

    • 乳類販売業
    • 食肉販売業
    • 魚介類販売業
    • 食料品等販売業
  • 〈氷雪販売〉

    • 氷雪販売業
  • 〈魚介類せり売〉

    • 魚介類せり売営業

申請に係る手数料

新規及び初回更新(有効期間3年)従事者数 1〜29名50,000円
同 30〜49名70,000円
同 50名以上別途見積り
更新(有効期間5年)従事者数 1〜29名70,000円
同 30〜49名100,000円
同 50名以上別途見積り
再審査(マニュアル審査、実地審査別)一律50,000円
変更審査従事者数により異なる新規及び初回更新と同様
認証書再交付一律3,000円

※ 本部申請に係る手数料はお問い合わせください。
※ 段階的推進プログラム申請手数料は、従事者数によらず一律40,000円
※ 実地審査及び実地点検1回当たり、別途交通費が加算されます。(都内一律3,000円/審査員1名、都外は実費)
※ 上記手数料及び交通費は、いずれも消費税をご加算いただきます。

お問い合わせはこちら

イカリ消毒株式会社 東京事業部 検査分析営業グループ
東京都食品衛生自主管理認証制度担当
〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町5-4 アライズ第2ビル
TEL : 03-5843-6271
FAX : 03-3669-2110